子供が歯科医療に対するイメージと不安

歯科検診の重要性のついて

子供が歯科医療に対するイメージと不安 昔は歯が痛くなったら歯医者に行くという考え方が当たり前でしたが、最近は定期的に歯科医院で健診を受けることが大切なことだという考え方が広まりつつあります。歯は一度悪くなってしまうと治療するしか方法はありません。成人の半数以上が罹患していると言われている歯周病に関してもそうです。かかっていても痛みがない場合などは放置していることが多いです。歯茎の違和感や、歯が揺れているなどの症状で歯科医院に行った時にはだいぶ進行しています。

あまりにも歯周病が進行していて、根っこがぐらぐらになってしまっている場合は抜くことになります。歯があるのに抜くということに抵抗があるかもしれませんが、放っておくと噛み合わせや他の歯にも影響がでてしまいます。一度治療を受けてすべて治してからは定期検診と自宅での歯磨きなどの予防をすることが大切です。定期的に健診に行くことで早期発見することができるのと、プロによる歯のクリーニングを受けることができます。自宅での予防のモチベーションのアップにもつながりますので、治ってからと言ってやめてしまうのではなく継続的に通いましょう。いつまでも自分の歯で物を食べられることはとても良いことです。

オススメワード

Copyright (C)2022子供が歯科医療に対するイメージと不安.All rights reserved.