子供が歯科医療に対するイメージと不安

子供が歯科医療に対するイメージと不安

子供が歯科医療に対するイメージと不安 子供を歯科医院へ連れていく時痛くないよ、などマイナスの言葉は決してかけてはいけません。なぜなら痛くないよ、怖くないよ、の言葉の裏には痛いよ、怖いよ、という意味が隠されているからです。まず子供に歯科医院へ受診し怖がって大泣きした場合、歯科衛生士がすべき事は子供の不安を取り除く事です。

まず、怖がっている場合その日の診療は子供と歯科衛生士がお喋りをして歯医者はお姉さんとお喋りできて楽しい所なんだ、と思ってもらう事が最も大切です。そして次受診した時は歯科医院の基本的な器具を子供の隣に座って見せながら、何に使うか簡単に説明し決して怖いものではない、と理解してもらう事が必要です。

このように焦らず子供がこちらに心を開いてくれたら口の中を見せてもう、といったような感じで治療を進めていく事が小児歯科では必要です。心を開いてくれるまで時間がかかるかもしれませんが、抑えつけられて治療してしまうと歯科医院=恐怖心しか残りません。最近ではコンビニよりも歯医者の数の方が多いと言われています。しかし色々な歯医者があり、小児歯科とうたっていても泣き叫ぶ子供を押さえつけて治療する歯医者が未だにあるのが現実です。歯科医院が患者様を選ぶのでは無く、患者様が歯科医院を選んで下さい。今ではインターネットで歯科医院の口コミを見るのも難しくはありません。自分にとって最高の治療をしてくれる歯医者を見つけてください。

オススメワード

Copyright (C)2022子供が歯科医療に対するイメージと不安.All rights reserved.